顔全体のシミを消したいときは光治療で

subpage01

夏になると、海やプールで泳いだり、ハイキングを楽しむ方が多いですが、帽子やサングラスを付けたり、日焼け止めクリームを塗るなど、よほどの日焼け対策をしないと、あっというまにシミやそばかすだらけの顔になってしまうので注意が必要です。



市販の美白化粧品の多くは、予防することは出来ても、すでに出来てしまったシミにはほとんど効果がないので、日焼けする前の綺麗な肌に戻りたいと思ったら、美容外科や皮膚科などのクリニックで治療を受けるしかないでしょう。

高濃度水素水のサーバー情報の公開中です。

クリニックに行くと、まずはカウンセリングから始まり、肌の状態を細かくチェックしたあとで、専門医が適切なケアプランを考えてくれます。

銀座の全身脱毛の情報はこちらのサイトです。

たとえば顔全体に小さく広がったような、薄いシミを改善させたい人の場合は、フォトフェイシャル(IPL)に代表される光治療が有効です。

一流の池袋のレーザー脱毛のクリニックの情報を公開しているサイトです。

広い波長を持った特殊な光を顔全体に照射し、メラニン色素を反応させ、シミやソバカスを浮き上がらせることで、色素沈着を剥がれ落として綺麗にする方法ですが、どのクリニックでも人気が高い施術なので受けてみると良いでしょう。

皮膚科の医療レーザー脱毛情報といえばこちらです。

治療期間はおよそ1ヶ月おきに通い、5〜6回照射するのが平均的なので半年近くは続けなければなりません。

https://4meee.com/articles/view/266628

レーザー治療の場合は、気になるところにピンポイントで照射して色を薄くするので、顔全体にソフトな光を当て、顔のくすみを取る光治療とはまったく異なる方法になります。

http://top.tsite.jp/news/beauty/o/24627199/

どちらの方法が自分に合っているかわからない方は、専門医に決めてもらうと良いでしょう。

http://news.mynavi.jp/news/2016/01/28/391/

関連リンク

subpage02














シミは治療で消す事も

顔にシミが出来ると、一気に老けて見える原因になってしまいます。出来ないようにするには、日焼け止めを塗る事が有効と考える人も少なくありませんが、日焼け以外の事が原因で出来るものも少なくありません。...

NEXT
subpage03














シミの原因と治療法。

シミとは、紫外線の影響などによって、人の皮膚にできる皮膚疾患などで見られる皮疹のひとつです。シミといっても、さまざまなものがあり、血管拡張や充血で起こる紅斑、血管炎や血管の脆弱性、血管の閉塞などが原因で赤血球が皮内に漏出した状態の紫斑、色素の脱出や血管の収縮などで皮膚が白くなった白斑、メラニン色素が皮膚に沈着することによって起こり、表皮などに沈着すると黒くなり、深いところに沈着すると青くなる老人性色素斑などの種類があります。...

NEXT